スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

急性期の処置

四十肩五十肩の痛みは経験した人でなければわからないものです。特に四十肩や五十肩の症状が出始めた急性期といわれる時期の痛みは、ちょっと肩や腕を動かしても激痛が走るといわれるので治し方をしっかり把握しておきましょう。

そうはいっても肩が痛い=四十肩あるいは五十肩というわけではありません。似たような痛みでも全く違った病気であることもありますから肩の違和感を感じたらまずは専門機関に受診して診断を受けましょう。

専門機関で四十肩や五十肩という診断がされれば具体的な治療法がとられます。四十肩・五十肩の急性期の治し方としては炎症を取るためにシップを使います。
そして激痛にも我慢できませんから鎮痛剤を使う人も多いようです。そして急性期が終わって慢性期に入ると痛みの程度は収まりますがかといって肩を動かすと痛みはついてきます。
そのために四十肩・五十肩の慢性期の治し方には患部を温める温熱療法やストレッチなどの運動療法があります。

症状の進行状況によって四十肩・五十肩の治し方は違いますから早く治したいからといって急性期なのに患部を温めたり運動したりということはかえって治りを悪くしますから注意しましょう。
効果的な治し方というのは症状にあった方法をとることです。早く治したいのはやまやまだと思いますが、痛みや炎症の状態によってゆっくり行っていきましょう。

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

スポンサーサイト

-
Copyright (C) 急性期の処置 | 四十肩・五十肩の治し方. All Rights Reserved.