スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

五十肩や四十肩の症状

五十肩四十肩症状が始まった時期や経過によって治し方が違うので間違えないようにしましょう。五十肩や四十肩というのは正式には肩関節周囲炎といって、間接の炎症が原因で起こる病気です。

症状が出始めた頃はちょっと肩を動かしただけで激痛が走ったりして肩が上がらなくなります。その症状が出る年齢が40〜50代の人が多いことから四十肩あるいは五十肩と呼ばれているのです。
四十肩や五十肩の症状としては急性期には激痛が、慢性期になれば激痛ではないもののやはり方を動かすたびに痛みを感じます。ひどくなると痺れを感じる人もいるようです。

五十肩や四十肩の治し方は急性期には炎症を抑えるためにシップを使ったり痛みをとるために鎮痛剤が使われます。慢性期には患部を温める温熱療法やストレッチや関節の可動域を広げるための運動療法などが行われます。

肩の痛みを感じたらまず整形外科などの専門機関を受診して指導を受けることをおススメします。中には四十肩や五十肩のような痛みでも実際には違う病気のこともありますから肩の痛み=四十肩や五十肩という思い込みは危険です。

自分の勝手な思い込みで間違った治し方を実行すると良い結果がもたらされないことになりますから違和感を感じたらまず受診することが先決ですね。

 

スポンサーサイト

-
Copyright (C) 五十肩や四十肩の症状 | 四十肩・五十肩の治し方. All Rights Reserved.