スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

五十肩・四十肩ケアのポイント

五十肩と四十肩というのは症状が出た時期やその症状によって治し方が変わってきます。痛みが出始めた頃はとにかくちょっと動かしただけでも激痛が走る人もいるようですからこの段階では炎症をとる方法が優先します。
そしてあまりに痛みがあれば鎮痛剤も一緒に使って痛みを緩和するようにします。治し方を間違うと五十肩や四十肩というのは悪化してしまうので整形外科などの専門のところで良く診てもらいましょう。
また同じような肩の痛みでも、五十肩や四十肩とは違う病気の場合も考えられます。ですから自分の勝手な判断で肩の痛みを五十肩や四十肩と思い込んで間違った治し方を実行してしまうと大変なことになるので注意しましょう。
五十肩や四十肩の治し方のポイントとしては急性期を過ぎたら患部を温めたり痛みが少ない範囲で肩から腕を動かすことです。五十肩や四十肩は肩関節の炎症ですからある程度動かさないと方の動きが悪くなってしまいます。
整形外科などでは運動療法や温熱療法・ストレッチなどが行われますし、自分で毎日の生活の中で行う運動なども指導してもらえますからしっかり続けましょう。だいたい症状が落ち着くには1年くらいかかりますが、治療にはじっくり取り組んで行くことが大切です。

JUGEMテーマ:もうすぐ50代

早期治療が大事

四十肩や五十肩といった肩の症状に悩んでいる人はその治し方を知りたいと思っているでしょう。肩が一定の高さから上がらず、無理に上げようとすると痛みが出てしまう四十肩・五十肩は痛いからといってそのままにしておくと余計に肩が上がらなくなってしまいます。

治し方がわからないままでは四十肩や五十肩の症状はおさまりません。四十肩・五十肩というのはこのくらいの年齢になると関節の動きが鈍くなり痛みなどが出ることからそういわれていますが、正しくは肩関節周囲炎というもので予防法や治し方も様々です。
もちろん痛みに耐えていれば落ち着くこともありますが、痛みが残ったり腕から肩にかけて動きが悪くなったりすることもあります。ですから出来るだけ早く専門のところで治療を受けるのがいいでしょう。

四十肩や五十肩というのは症状が出始めたときはかなり痛みがあり、治療をするだけでも痛いようです。炎症があるときは動かすだけでも痛みを感じるので、鎮痛剤なども治療として使われるようです。
この痛みは我慢しても良くなるわけではないので無理をせず薬のお世話になりましょう。また炎症が強いときにはシップなどで患部を冷やす方法も取られます。温めればいいと思う人もいるかもしれませんが、それは症状が落ち着いてからになりますからまずは受診してみましょう。


JUGEMテーマ:健康

急性期の処置

四十肩五十肩の痛みは経験した人でなければわからないものです。特に四十肩や五十肩の症状が出始めた急性期といわれる時期の痛みは、ちょっと肩や腕を動かしても激痛が走るといわれるので治し方をしっかり把握しておきましょう。

そうはいっても肩が痛い=四十肩あるいは五十肩というわけではありません。似たような痛みでも全く違った病気であることもありますから肩の違和感を感じたらまずは専門機関に受診して診断を受けましょう。

専門機関で四十肩や五十肩という診断がされれば具体的な治療法がとられます。四十肩・五十肩の急性期の治し方としては炎症を取るためにシップを使います。
そして激痛にも我慢できませんから鎮痛剤を使う人も多いようです。そして急性期が終わって慢性期に入ると痛みの程度は収まりますがかといって肩を動かすと痛みはついてきます。
そのために四十肩・五十肩の慢性期の治し方には患部を温める温熱療法やストレッチなどの運動療法があります。

症状の進行状況によって四十肩・五十肩の治し方は違いますから早く治したいからといって急性期なのに患部を温めたり運動したりということはかえって治りを悪くしますから注意しましょう。
効果的な治し方というのは症状にあった方法をとることです。早く治したいのはやまやまだと思いますが、痛みや炎症の状態によってゆっくり行っていきましょう。

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

五十肩や四十肩の症状

五十肩四十肩症状が始まった時期や経過によって治し方が違うので間違えないようにしましょう。五十肩や四十肩というのは正式には肩関節周囲炎といって、間接の炎症が原因で起こる病気です。

症状が出始めた頃はちょっと肩を動かしただけで激痛が走ったりして肩が上がらなくなります。その症状が出る年齢が40〜50代の人が多いことから四十肩あるいは五十肩と呼ばれているのです。
四十肩や五十肩の症状としては急性期には激痛が、慢性期になれば激痛ではないもののやはり方を動かすたびに痛みを感じます。ひどくなると痺れを感じる人もいるようです。

五十肩や四十肩の治し方は急性期には炎症を抑えるためにシップを使ったり痛みをとるために鎮痛剤が使われます。慢性期には患部を温める温熱療法やストレッチや関節の可動域を広げるための運動療法などが行われます。

肩の痛みを感じたらまず整形外科などの専門機関を受診して指導を受けることをおススメします。中には四十肩や五十肩のような痛みでも実際には違う病気のこともありますから肩の痛み=四十肩や五十肩という思い込みは危険です。

自分の勝手な思い込みで間違った治し方を実行すると良い結果がもたらされないことになりますから違和感を感じたらまず受診することが先決ですね。

 

五十肩・四十肩の原因

五十肩や四十肩は正式には「肩関節周囲炎」といわれ、その症状や期間によっても治し方が違ってきます。五十肩や四十肩はその年齢辺りになると肩が痛くなることからこう呼ばれていますが、年齢だからといって諦めてはいけません。

肩を動かすと痛い・しびれがあるなどが主な症状で、一年くらいで落ち着く人も多いのですが中には肩の動きが悪くなってしまうこともあるので出来るだけ早めに治療したほうがよさそうです。
まずは五十肩や四十肩の原因ですが、医学的にははっきりしていないということです。加齢によるものや肩を使いすぎたことによる負担が考えられていますが、症状や原因は個人差があるようです。
また五十肩や四十肩の治し方としては症状の出たときからどれ位経過しているか、痛みや炎症の程度によって違います。初期の頃は急性期といって、ちょっと動かしただけでもかなりの痛みを感じます。

この場合には運動療法などの治療は出来ませんからまずは炎症を抑えて痛みを取ることから始めます。炎症を抑えるにはシップなどが使われます。このときに間違っても温めてはいけません。
急性期にはまず冷やすことが大切です。痛みも我慢せず鎮痛剤などを使いましょう。ある程度痛みが治まれば痛くない範囲で運動療法が行われます。

この段階で温める温熱療法も始まります。五十肩や四十肩は症状にあわせた治し方で対応しましょう。

JUGEMテーマ:もうすぐ50代

40歳からの健康管理

【送料無料】肩の痛み・四十肩改善マニュアル [ R.A.マッケンジー ]【送料無料】40歳から食べても太らない方法 [ 伊達友美 ]【送料無料】血圧を下げる [ 渡辺尚彦 ]【送料無料】40歳からの肉体改造ストレッチ [ 石渡俊彦 ]


(※画像のリンク先は楽天市場です)

Copyright (C) 五十肩・四十肩の治し方 | 四十肩・五十肩の治し方. All Rights Reserved.