スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

40歳からの健康管理

【送料無料】肩の痛み・四十肩改善マニュアル [ R.A.マッケンジー ]【送料無料】40歳から食べても太らない方法 [ 伊達友美 ]【送料無料】血圧を下げる [ 渡辺尚彦 ]【送料無料】40歳からの肉体改造ストレッチ [ 石渡俊彦 ]


(※画像のリンク先は楽天市場です)

五十肩・四十肩の原因

五十肩や四十肩は正式には「肩関節周囲炎」といわれ、その症状や期間によっても治し方が違ってきます。五十肩や四十肩はその年齢辺りになると肩が痛くなることからこう呼ばれていますが、年齢だからといって諦めてはいけません。

肩を動かすと痛い・しびれがあるなどが主な症状で、一年くらいで落ち着く人も多いのですが中には肩の動きが悪くなってしまうこともあるので出来るだけ早めに治療したほうがよさそうです。
まずは五十肩や四十肩の原因ですが、医学的にははっきりしていないということです。加齢によるものや肩を使いすぎたことによる負担が考えられていますが、症状や原因は個人差があるようです。
また五十肩や四十肩の治し方としては症状の出たときからどれ位経過しているか、痛みや炎症の程度によって違います。初期の頃は急性期といって、ちょっと動かしただけでもかなりの痛みを感じます。

この場合には運動療法などの治療は出来ませんからまずは炎症を抑えて痛みを取ることから始めます。炎症を抑えるにはシップなどが使われます。このときに間違っても温めてはいけません。
急性期にはまず冷やすことが大切です。痛みも我慢せず鎮痛剤などを使いましょう。ある程度痛みが治まれば痛くない範囲で運動療法が行われます。

この段階で温める温熱療法も始まります。五十肩や四十肩は症状にあわせた治し方で対応しましょう。

JUGEMテーマ:もうすぐ50代

五十肩や四十肩の症状

五十肩四十肩症状が始まった時期や経過によって治し方が違うので間違えないようにしましょう。五十肩や四十肩というのは正式には肩関節周囲炎といって、間接の炎症が原因で起こる病気です。

症状が出始めた頃はちょっと肩を動かしただけで激痛が走ったりして肩が上がらなくなります。その症状が出る年齢が40〜50代の人が多いことから四十肩あるいは五十肩と呼ばれているのです。
四十肩や五十肩の症状としては急性期には激痛が、慢性期になれば激痛ではないもののやはり方を動かすたびに痛みを感じます。ひどくなると痺れを感じる人もいるようです。

五十肩や四十肩の治し方は急性期には炎症を抑えるためにシップを使ったり痛みをとるために鎮痛剤が使われます。慢性期には患部を温める温熱療法やストレッチや関節の可動域を広げるための運動療法などが行われます。

肩の痛みを感じたらまず整形外科などの専門機関を受診して指導を受けることをおススメします。中には四十肩や五十肩のような痛みでも実際には違う病気のこともありますから肩の痛み=四十肩や五十肩という思い込みは危険です。

自分の勝手な思い込みで間違った治し方を実行すると良い結果がもたらされないことになりますから違和感を感じたらまず受診することが先決ですね。

 

Copyright (C) 四十肩・五十肩の治し方. All Rights Reserved.